消化器内科

主に消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸)、肝臓、胆嚢、膵臓などに
関係する疾患を診察いたします。

口から肛門までの食べ物が通る約9メールの消化管(食道、胃、小腸、大腸)と、肝臓、膵臓、胆嚢など広い領域に関わる病気を診療いたします。
消化器内科の病気は早期発見、早期治療が一番大切ですので、これといった自覚症状がない場合でも、いつもと違う、何となく体調が悪いと感じているような場合、まずはご相談ください。また、当クリニックでは胃・大腸内視鏡検査、腹部超音波検査も行っています。

こんな症状がある場合はご相談ください。

  • ◆胃の痛み
  • ◆胃のもたれ
  • ◆腹痛
  • ◆便秘
  • ◆下痢
  • ◆胸の痛み
  • ◆胸やけ
  • ◆呑酸(どんさん)
  • ◆げっぷ
  • ◆のどのつかえ
  • ◆のどの違和感
  • ◆腹部膨満感
  • ◆食欲不振
  • ◆おう吐
  • ◆下血
  • ◆体重減少
  • ◆黄疸 
    など

消化器内科の主な病気

  • ●逆流性食道炎
  • ●食道癌
  • ●食道静脈瘤
  • ●胃炎
  • ●ヘリコバクター・ピロリ胃炎
  • ●胃潰瘍
  • ●胃癌
  • ●胃ポリープ
  • ●機能性ディスペプシア
  • ●十二指腸潰瘍
  • ●大腸ポリープ
  • ●大腸癌
  • ●潰瘍性大腸炎
  • ●クローン病
  • ●急性胃腸炎
  • ●腸閉塞
  • ●大腸憩室症
  • ●急性肝炎
  • ●慢性肝炎
    (B型、C型など)
  • ●脂肪肝
  • ●肝硬変
  • ●肝癌
  • ●胆嚢結石
  • ●胆嚢炎
  • ●総胆管結石
  • ●胆管炎
  • ●胆嚢癌
  • ●胆管癌
  • ●自己免疫性膵炎
  • ●急性膵炎
  • ●慢性膵炎
  • ●膵癌
  • ●膵嚢胞性疾患 
    など

腹部超音波検査とは

腹部超音波検査は腹部エコー検査ともよばれ、腹部にプローブを当て超音波を発信し、そこから返ってくるエコーにより肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺、さらに子宮や卵巣などを検査することができます。また、この検査はX線検査のように放射線被爆の心配がない為、妊娠中の方でも利用できる検査です。
検査は臓器がモニターにリアルタイムで映し出されますので、説明を受けながら安心して検査を受けていただくことができます。

内視鏡検査とは

先端に小型カメラを内蔵した細長い管の機器を、鼻(口)あるいは肛門より挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察します。また、必要がある場合はポリープの切除などをすることもできます。検査をするにあたり、胃や大腸を空にしておく必要がありますので、事前の準備が必要です。検査自体は短時間で終わりますので入院の必要もありません。消化器系の病気は早期発見・早期治療が肝心ですので、定期的に検査をなさってください。

TOPへ戻る