小児科

健やかに元気よく発育・成長していく子供たちとご家族をサポート致します。

発熱・咳・鼻汁・腹痛・下痢・アレルギーなど小児科全般的の診察を致します。必要に応じて血液検査・レントゲン検査・アレルギー検査・迅速ウイルス抗原検査などの各種検査、吸入、鼻吸引なども行います。
お子様の皮膚炎・あせも・とびひなどの皮膚疾患などについてもご相談ください。また、捻挫や軽い外傷などの処置も可能ですのでお気軽にご相談ください。
精密検査や入院など当院での対応が難しいと判断される場合は専門施設へ紹介するなど連携して対応いたします。
その他、育児や成長発達の相談など、何か気になることがありましたら些細なことでも遠慮なくご相談ください。地域のお子様の健康を保ち、健やかな成長を応援していきたいと思っています。

乳幼児健診

公費で行っている健診は3~4か月健診と1歳半健診となりますが、6~7か月健診、9~10か月健診、1歳健診、2歳健診、就学時健診などもお受けいたします(自費)。また、その他の月齢・年齢でも何か気になることがありましたらお気軽にご相談ください。お子さんの発達・発育を評価するだけでなく、ご両親の疑問や不安を少しでも解消できるように一緒に考えていきたいと思います。

乳幼児健診は感染予防のため一般外来と診療時間を分けております。平日の13~15時にご予約をお願いいたします。予約日に発熱や発疹などがみられる場合、体調がすぐれない場合などはクリニックにご連絡ください。

健診の際には必ず母子手帳と問診票(公費負担の健診のみ)をご持参ください。

予防接種

定期接種は生後2か月から始まります。お子様を感染症から守るため、推奨時期にきちんと接種することをお勧め致します。当クリニックでも接種スケジュールの作成のお手伝いをさせていただきますので是非ご相談ください。

当院でおこなっている予防接種(定期)

  • ◆ヒブワクチン
  • ◆肺炎球菌ワクチン
  • ◆四種混合ワクチン
  • ◆BCG
  • ◆麻疹風疹混合ワクチン
  • ◆水痘ワクチン
  • ◆日本脳炎ワクチン
  • ◆二種混合ワクチン
  • ◆不活化ポリオワクチン
  • ◆B型肝炎ワクチン

定期接種以外にも以下のワクチンもお勧めいたします。

1. おたふくワクチン
おたふくはかかっても軽症なことが多いですが、合併症をおこすこともあります。無菌性髄膜炎(約50人に1人)、難治性難聴(約1,000人に1人)、脳炎(毎年約30人)などがその例です。
以前は1歳ごろに1回の接種でしたが、最近ではその2~4年後に追加接種をすることが推奨されています。
2. ロタウイルスワクチン
ロタウイルスは胃腸炎を起こすウイルスの中でも最も重症化しやすいウイルスの一つです。下痢・嘔吐などにより脱水症状が引き起こされたり、けいれんや脳炎を起こすこともあります。日本では毎年80万人が治療を受け、8万人が入院しています。
ワクチンは生後6週から接種可能ですが、他のワクチンと同時に生後2ヶ月から接種することもできます。ワクチンはロタテックとロタリックスの二種類があります。どちらを接種するかは受診した際にご相談させていただきます。

予防接種【任意接種】

  • ◆ロタウイルスワクチン
  • ◆流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)ワクチン
  • ◆インフルエンザワクチン
  • ◆A型肝炎ワクチン

予防接種専用時間について

  • ・感染予防のため、一般診療とは別の予約枠での接種となります(平日13~15時、土曜日13時~ 13時半)。
  • ・ワクチン確保のため、数日前にはご予約下さい。
  • ・ワクチンの在庫がある場合は当日でも接種可能ですので医師にご相談ください。
  • ・インフルエンザは予約なしで接種が可能です。
  • ・ご予約電話番号 TEL:048-423-6761

TOPへ戻る